長野県諏訪の別荘地に計画された週末住宅。木とコンクリートとの混構造、平屋である。コンクリートは熱を吸収しやすい。ゆえに夏は暑く、冬は寒い。冬季の最低気温がマイナス20度になるこの地域では、コンクリート壁を外部に露出 させず、内部に配置している。室内は暖炉や蓄熱式暖房器具の輻射熱によって暖められ、室内温度が下がり始めるとコンクリートの壁が蓄熱した熱を放熱してくれる。プランは寝室とバスルームのみを独立させ、和室やリビングなどはL字のコンクリート壁でさりげなく仕切っている。薪割りをするための土間、玄関横には薪割り、スキーウエアなどの乾燥を担う場をしつらえている。

Design:
眞田大輔
山田哲也
Structure:
名和研二
皆川宗浩
下田仁美
Equipment:
島津充弘(島津設計)
Land:
長野・茅野
Client:
個人
Lighting:
三島立起(FDS)
竣工年月日:
2007年12月
用途:
個人住宅
構造・構法:
鉄骨コンクリート造一部木造
基礎:
ベタ基礎
規 模
階数:
地上1階
敷地面積:
1585.07
建築面積:
106.24
延床面積:
97.2(29.45坪)