敷地は細長く奥にのびる。敷地の「崖」という特長、施主の要望から主な構造体をコンクリート造とし、そこへ木造の自由度を付加していく。コンクリートの門型フレームを4本据えて主構造とし、このフレームによって生まれるハイサイドから光を取り込み、上昇する風を発生させて夏場の冷房使用を最小限に抑える。壁は吸湿効果をもつ大谷石を組積した。厚みのある無垢の石は環境の面、質感、そして存在感によって住まう人に安心感をもたらし、時間の経過に従ってこの家に深みと重みとを与えてくれるだろう。いまは法規が変わってしまったが、木造は柱と梁が主要構造であり、壁は自由に取り払えることが特長のひとつであった。建物に住まう家族の形は変化していく。近い将来、子どもたちはこの家を離れるだろう。夫婦は大きな空間で過ごしたくなるかもしれない。あるいは小さく住みたくなるかもしれない。門型のフレームは家族の軌跡を残しつつ、家族の変化を許容してくれるだろう。(住宅特集2007年9月号より抜粋)

Design:
眞田大輔
丸山哲生
Structure:
名和研二
皆川宗浩
Land:
神奈川・横浜
Client:
個人
Construction:
小松建設 新昌伸
Lighting:
三島立起(FDS)
竣工年月日:
2007年04月
用途:
個人住宅
構造・構法:
鉄骨コンクリート造一部木造
基礎:
ベタ基礎
規 模
階数:
地上2階
敷地面積:
255.67
建築面積:
81.81
延床面積:
159.23(48.25坪)