1% for the Planet とは


1% for the Planet( 1%フォー・ザ・プラネット)とは、2002 年、パタゴニア社の創設者イヴォン・シュイナードとブルー・リボン・フライズ社の
オーナーであるクレイグ・マシューズによって設立された、自然環境保護に貢献するビジネスの奨励を目的とする非営利団体です。

1% for the Planet は自然環境保護の必要性を理解する企業の同盟です。
この同盟に参加する企業は、「ビジネスでの利益と損失は地球環境の健康状態にも直接関連する」ことを理解し、産業が与える社会的/環境的影響を
懸念しています。参加企業は年間売上の1% を献身的な草の根環境保護団体に寄付することで、その活動を支援します。

すわ製作所ではSUWA BRAND「Tokyowood」の年間売上の1% を寄付することにより、社会的にも環境的にも革新的な団体である
1% for the Planet のメンバーとして献身的な草の根環境保護団体の活動を支援し、真の変化をもたらしていく一端を担っていきます。

*1% for the Planet についての詳細はwww.onepercentfortheplanet.org/ja をご覧ください。



Tokyowood とは~東京の木から考える



日本国内の木材のほとんどは外国からの安価な輸入材であり、国産の木材は全体の20%以下です。
国内の林業は衰退しており、人に管理されなければならない多くの山々が放置され、森は痩せ細っています。
保水力を失った山からは土砂が流れ出し、都心に住む我々にも災害をもたらします。つまり、森林と都会生活は切り離すことのできない関係にあるのです。
日本は国土の約67%が森林です.。東京の面積の40%は森林です。しかし、その豊かな森林資源のほとんどは有効に活用されていません。
すわ製作所の「Tokyowood」はこの豊かな森林資源を有効に活用できる森と都会の循環システムを生み出したいと考えています。

*Tokyowood はあきる野にて創業50年の中嶋木材を中心に、東京産木材を広める意義のもと立ち上げた木材のブランド名です。